WHAT LIES BENEATH
原題:WHAT LIES BENEATH
日本公開:2000年12月09日
製作国:アメリカ
言語:英語
画面:シネマスコープ
音響:ドルビーSR・SRD、DTS、SDDS
上映時間:130分
配給:20世紀フォックス

【スタッフ】
監督:ロバート・ゼメキス
脚本:クラーク・グレッグ
ストーリー:サラ・ケノシャン
      クラーク・グレッグ
製作総指揮:ジョーン・ブラッドショー
      マーク・ジョンソン
製作:スティーブ・スターキー
   ロバート・ゼメキス
   ジャック・ラプケ
撮影:ドン・バージェス,A.S.C.
編集:アーサー・シュミット
音楽:アラン・シルヴェストリ
プロダクション・デザイナー:リック・カーター
              ジム・ティーガーデン
衣装デザイナー:スージー・デサント
視覚効果スーパーバイザー:ロバート・レガート

【キャスト】
ノーマン・スペンサー:ハリソン・フォード
クレア・スペンサー:ミシェル・ファイファー
ジョディ:ダイアナ・スカーウィッド
ドクター・ドレイトン:ジョー・モートン
ウォレン・フューアー:ジェームズ・レマー
メアリー・フューアー:ミランダ・オットー
マディソン・エリザベス・フランク:アンバー・ヴァレッタ
ケイトリン・スペンサー:キャサリーン・トーネ
ドクター・スタン・ポーウェル:レイ・ベイカー
エレナ:ウェンディ・クルーソン

【ストーリー】
 ヴァーモントの美しい湖のほとりに建つ瀟洒な家。クレア・スペンサー(ミシェル・ファイファー)は、研究者の夫ノーマン(ハリソン・フォード)とともに幸せに暮らしていた。ただひとつ彼女を悲しませているのは、娘のケイトリンがボストンの大学に旅立ってしまうこと。夫婦でケイトリンを大学の寮に送り届けた後、クレアは言いようのない孤独感に襲われ、涙を抑えることができなかった。
 高名な数学者を父にもつノーマンは、デュポン研究所で遺伝学の教授として嘱望されているが、事あるたびに父と間違えられることに苛立っていた。この屋敷も父が建てたものだった。クレアはジュリアード音楽院を出た優秀なチェロ奏者でカーネギー・ホールの舞台に立ったこともあったが、ノーマンと知り合って3ヵ月後には結婚し、それ以来演奏活動をやめてしまった。彼女はこの数年間、ケイトリンにすべてのエネルギーを注いできた。しかし、これからはノーマンと二人だけの生活に戻るのだ。
 クレアが寂しさを紛らすように庭の花の手入れに勤しんでいたある日、隣家の庭から泣き声が聞こえてくる。それは数週間前にここに越してきた研究所の同僚フューアーの妻メアリー(ミランダ・オットー)だった。いつも夫婦ゲンカの絶えないフューアー家。クレアが心配して尋ねると、メアリーは夫ウォレン(ジェームズ・レマー)が恐ろしいと訴える。翌日、遅まきながら引っ越し祝いの花とワインを持ってフューアー家を訪ねるクレア。しかし家に人影はなく、ポーチには血のついたサンダルが転がっている。その夜、寝つかれぬクレアは、ウォレンが暗闇に紛れるように車のトランクに大きな荷物を放り込むのを盗み見て、最悪の事態を想像していた。
 その日から、家の中で奇妙な出来事が起こり始めた。風もないのにひとりでに開くドア。突然パソコンに電源が入り、ラジオからは大音量でロックが流れ出す。そして、囁くような声と、バスタブの湯に映る女の顔……。クレアは幽霊が自分の助けを求めているのだと思った。そして、その幽霊はメアリーに違いないと。
 研究で忙しいノーマンの帰宅は、毎日遅い。クレアは研究所まで出かけてノーマンにフューアー家のことを話すが、彼はとりあおうとはしない。仕方なくクレアは再びプレゼントをもって隣家を訪れた。何度もベルを鳴らした後、ようやくウォレンが現れ、迷惑そうな顔で応対し、メアリーは不在だと言う。彼女の身に何かが起こったに違いない。クレアの心配はより明確な疑惑に変わっていった。
 ノーマンは、顔を合わせるたびにしつこく訴えるクレアの思い詰めた表情に、職場でフューアー夫妻のことを尋ねてみることを約束する。その夜、ノーマンはクレアとともに友人との会食に出かけた。友人の連れは偶然にもクレアの学生時代の友人エレナだった。フューアー家のことで頭が一杯だったクレアは、演奏家として輝いていた頃の自分を思い出して感慨にとらわれる。
 家の中の心霊現象は続いていた。クレアはノーマンに言われて精神科医ドレイトン(ジョー・モートン)のもとを訪れ、女性の幽霊のことを打ち明けた。するとドレイトンは、その幽霊から事情を聞くようにすすめる。クレアはKマートで心霊盤を買うと、友人ジョディ(ダイアナ・スカーウィッド)を誘ってメアリーの霊を呼び出そうとする。ジョディは半信半疑だったが、しばらくして文字盤が動き出し、ロウソクが消える。それでもまだ信じられないジョディは、クレアが1年前に起こした車の事故のショックからいまだに立ち直れないのだと思って心配する。
 翌日、幽霊がメアリーだと確信したクレアは、研究所を訪れるとウォレンをつかまえて詰問する。しかし、そこにメアリー本人が現れる。離婚しようとして実家に帰ったメアリーを説得するために、ウォレンが彼女の荷物をトランクに詰め込んで車で追いかけたというのが、あの夜クレアが目撃した出来事の真相だった。
 しかしクレアの周りでは、不思議な現象がさらにエスカレートしていった……。

ホワット・ライズ・ビニース〈特別編〉 [DVD]

新品価格
¥1,700から
(2016/8/15 07:35時点)