不当取引
原題:不当取引
日本公開:2011年04月29日
製作国:韓国
言語:韓国語
画面:シネマスコープ
音響:SRD
上映時間:119分
年齢制限:PG-12
配給:CJ Entertainment Japan

【スタッフ】
監督:リュ・スンワン
脚本:パク・フンジョン
撮影:チョン・ジョンフン
編集:キム・サンボム
   キム・ジェボム
美術:チェ・ジヨン

【キャスト】
チェ・チョルギ:ファン・ジョンミン
チュ・ヤン:リュ・スンボム
チャン・ソック:ユ・ヘジン
カン局長:チョン・ホジン
マ・デホ:マ・ドンソク
コン捜査官:チョン・マンシク

【ストーリー】
全国民に衝撃を与えた女児連続殺人事件。警察は検挙に失敗し、被害者は増える一方だった。ついには大統領までが事件に直接介入するが、警察は有力容疑者を誤って射殺してしまう。上層部はその事実をもみ消そうと”最後の切り札”を出す。それは犯人をでっち上げ、事件を終わらせることだった。

警察庁の広域捜査隊チェ・チョルギ(ファン・ジョンミン)は、優秀でエースと目されながらも、警察大学出身ではないという理由で昇進できずにいた。指揮するチームの部下たちも同様で、署内で不憫な思いをしていた。二人きりで生きてきた妹の亭主は定職につかず、夜ごと遊んで浪費するばかり。その義弟が、建設会社から多額の現金を受け取っていたことが警察内部で発覚、チョルギは身分証を取り上げられてしまう。その夜、ウサを晴らすように部下たちと飲んでいると、そこに上司がやって来る。”女児連続殺人事件の犯人をでっちあげろ。そうすれば昇進を保証する”という恐ろしい取引のためだった。妹夫婦や部下たちにいい思いをさせてやれる…思い悩んだ結果、チョルギはその取引に応じる。前科者の中から、強盗や性犯罪の前歴があり、障害者の妻を持つイ・ドンソクを容疑者役として選びだし、義弟へ金銭提供をした裏組織の男、新興建設会社社長チャン・ソック(ユ・ヘジン)に、3日以内に犯人に仕立てあげるよう取引を持ちかけた。

一方、検察庁の幹部を義父に持ち、順風満帆な人生を歩んでいる検事のチュ・ヤン(リュ・スンボム)は、資金提供を受ける不動産業界の大御所、キム会長が不正入札の件でチョルギに拘束されたことをきっかけに、チョルギの背後を探り始めていた。キム会長が拘束されている間に入札で漁父の利を得たチャン・ソックとチョルギの関係を疑い始めたのだ。その一週間後、チュ・ヤンがキム会長の接待ゴルフを受けているときに、キム会長がゴルフ場で殺される。チャン・ソックの仕業だ。チュ・ヤンのもとにキム会長との癒着の証拠となる写真が送られてくる。チャン・ソックの脅しだ。
すべてを失いかねない事態に焦ったチュ・ヤンは、担当となった女児連続殺人事件を調査する過程で、チョルギとチャン・ソックの間にある取引が存在し、イ・ドンソクがでっちあげられた犯人であることを見抜く。チュ・ヤンは上司に告発するが、反対に警察との関係を台無しにする気かと叱責されたため、懇意にしている新聞記者を使って警察による犯人捏造をほのめかす記事を書かせる。記事に激怒したチョルギは、チュ・ヤンとキム会長の癒着をネタに脅しをかけるが、反対にチャン・ソックとの関係や犯人捏造を指摘され、チュ・ヤンに追いつめられる。翌朝、イ・ドンソクが刑務所内で謎の自殺を遂げる。追いつめられたチョルギの仕業と確信したチュ・ヤンは、上司の制止も無視してチョルギの家族や職場を家宅捜索、全員の身柄を拘束する。家族と仲間を人質にとられたも同然のチョルギは進路を断たれ、チュ・ヤンを呼び出して頭を下げ、土下座までして見逃してくれるよう取引を申し出る。

翌日。チャン・ソックは、これまでの協力を盾に、役所に口利きするようチョルギに詰め寄るが、その直後に事故で死亡。鎖のように続く癒着の関係に嫌気のさしたチョルギは、チャン・ソックの弟分、スイルを殺そうとするが、そこに後輩の警部補デホが現れる。以前からチョルギに何か隠し事があると直感し、心配して後をつけてきたのだ。制止しようとするデホと揉み合ううち、チョルギはデホを誤射し、死なせてしまう。動転し、デホの亡骸を前に号泣するチョルギ。しかし、もう後へは引き返せない。スイルとデホが殺し合いをしたように工作をし、自分の痕跡を消してその場から立ち去る。

警察庁の特別進級任命式の日。そこには、警視に昇進したチョルギの姿があった。その日は奇しくもデホの葬儀の日。デホの同僚の刑事たちは、チョルギが葬儀に来ないことを不審に感じていた。刑事たちは事件当日から姿を消していたチャン・ソックの運転手を探し出し、彼が撮影していたチョルギのデホ殺しとその偽装工作の映像を発見する。

その頃、チョルギとチュ・ヤンは、イ・ドンソクのDNA鑑定結果を受取り、イ・ドンソクこそが連続殺人事件の真犯人であったことを知る。多くの犠牲を払って取引を重ねながら、結局は、イ・ドンソクが真犯人だった。
その晩、チョルギは、デホの納骨堂を訪れる。そこへチャン・ソックの運転手が現れた。銃声が響く。チョルギの首から血があふれでる。それは、デホの同僚、すなわちチョルギの部下たちが、運転手を見逃す代わりにチョルギを殺せ、という”取引”だった。翌朝、チョルギの遺体が発見される。
一方、キム会長との癒着がリークされたチュ・ヤンも処分を受けるが、義父の権力に守られ、容易に再起する方法を与えられるのだった……。

生き残るための3つの取引(2枚組) [DVD]

新品価格
¥7,149から
(2016/8/12 13:37時点)