POLTERGEIST
原題:POLTERGEIST
日本公開:1982年07月17日
製作国:アメリカ
言語:英語
画面:パナビジョン
音響:ドルビー
上映時間:114分
配給:MGM/CIC
スタッフ
監督:トビー・フーパー
製作:スティーヴン・スピルバーグ
   フランク・マーシャル
脚本:スティーヴン・スピルバーグ
   マイケル・グレイス
   マーク・ヴィクター
原作:スティーヴン・スピルバーグ
撮影:マシュー・F・レオネッティ
美術:ジェームス・H・スペンサー
編集:マイケル・カーン
音楽:ジェリー・ゴールドスミス
視覚効果:リチャード・エドランド
特殊メイク:クレイグ・リアードン 
キャスト
スティーブ:クレイグ・T・ネルソン
ダイアン:ジョベス・ウィリアムズ
レシュ博士:ビアトリス・ストレイト
ディナ:ドミニク・ダン
ロビー:オリバー・ロビンス
キャロル=アン:ヘザー・オルーク
ベン・タットヒル:マイケル・マクマナス
タットヒル夫人:バージニア・カイザー
タンジーナ:ゼルダ・ルビンスタイン
Mr.ティーグ:ジェームズ・カレン
マーティ:マーティン・カッセラ
ライアン:リチャード・ローソン
ストーリー
 不動産会社に勤務するスティーブ・フリーリング(クレイグ・T・ネルソン)は、家庭ではダイアン(ジョベス・ウィリアムズ)と3人の子供にかこまれて暮す平凡なサラリーマンだった。サラリーマンの夢はマイホーム。スティーブの勤める会社が環境のいい郊外に「クエスタ・ベルデ・エステーツ」なる宅地開発を行ったとき、スティーブはまっさきに1区画を買い、誰よりも早く家を建てた。今年は庭にプールを作る計画で、すでにその工事が始まっている。3人の子供たち——16歳の長女ディナ(ドミニク・ダン)、7歳の長男ロビー(オリバー・ロビンス)、5歳の末娘キャロル=アン(ヘザー・オルーク)は大喜びだった。
 不思議な一連の事件はある夜に始まった。スティーブがテレビをつけっ放しにしてうたた寝をしていた深夜、末娘のキャロル=アンがするするとベッドをぬけだすと、引きつけられるようにテレビの前に立ち、何も写っていないテレビ画面と言葉を交わし始めたのである。それはまるで、テレビの中から誰かが彼女を呼び寄せているようであった。
 母のダイアンは娘に夢遊病の気があるのではないかと心配する。ダイアンには子供のころ、同じ病気に襲われた経験があったのだ。
 別の日、雷を伴う烈しい風が「クエスタ・ベルデ」を吹き荒れた。ロビーは雷鳴と稲妻に震えあがる。彼の部屋は、庭に残された大木に面していたが、風にゆれる木の枝のざわめきが、とくにこの少年を怖がらせた。
「あの木はこの家を守ってくれるんだよ」という父の言葉も効き目はなく、ロビーはその夜、キャロル=アンともども両親のベッドにもぐりこんだ。
 キャロル=アンが再びテレビに呼び起こされる。しかも今夜はそれと同時に地震と停電が起こり、現場にかけつけた両親はユーレイとしか呼べぬものを目撃する。夢遊状態にあるキャロル=アンは当たり前の口調で両親に言った。
「彼らが来ているのよ」
 翌日、ラジオでもテレビでも、地震があったというニュースは聞かれなかった。スティーブは友達に電話をかけてみるが、地震があったという者はいなかった。隣家のタシル夫妻(マイケル・マクマナス、バージニア・カイザー)も異常なことは何も体験していない。奇怪なことが起こっているのはフリーリング家だけで、しかもそれは次から次へと起こりつづけた。
 真夜中、ロビーは再び雷鳴と稲妻に目を覚ました。突然、大きな音と共に窓の外の木が風の中で踊りだし、枝が窓ガラスを破って、魔手のように少年に襲いかかる。枝は恐怖に凍りついた少年をつまみあげ、窓の外へ引きずりだした。駆けつけてそれを目撃したスティーブは木に登り、枝と格闘の末、ようやく息子を助けだす。大木は強風と共に天空へ消えていった。
 その頃、キャロル=アンの部屋でも異常が起こっていた。片隅に置かれた戸棚が突然怪しい光を帯びて、部屋にある物をキャロル=アンともども吸いこんでしまったのである。
 ロビーを救出した一家は、今度はキャロル=アンが姿を消したことに気づいた。破壊された子供部屋のどこにも幼い少女の姿はない。
 両親は万が一と思い、プールの作業現場を捜すが、その泥の中にも娘はいなかった。
 居間のテレビの前で、ロビーが叫ぶ。テレビの中から聞こえてくるか細い声は、まぎれもなくキャロル=アンの声だった。
 スティーブは大学で超心理学を研究しているその道の権威、マーサー・レシュ博士(ベアトリス・ストレイト)に助けを求める。事件に、”ポルターガイスト”(心霊現象を起こす力)が働いていると考えたレシュ博士は、ライアン(リチャード・ローソン)、マーティ(マーティン・カッセラ)の2人の助手を伴ってフリーリング家に乗りこみ、科学的な調査を始めた。しかし彼らの最新調査器機をもってしても、この家で起こった異常を説明することはできない。
 仕事を休んでいるスティーブのところへ、上司のティーグ(ジェームス・カレン)が訪ねてくる。スティーブに会社をやめられては困ると、彼に新しい宅地開発の話を持ってきたのだった。その土地を見に行く途中、丘の上から「クエスタ・ベルデ」を見下したスティーブは、超常現象の謎を解く一つの手がかりを目にした……。
 一方、レシュ博士は異常現象を解明するためタニヤ・バロンズという、超能力を持った女性の力を借りることにした。果たして、彼女の超能力で、姿を消したキャロル=アンを未知の領域から引き戻すことができるのだろうか…。

ポルターガイスト [Blu-ray]

新品価格
¥1,391から
(2016/8/15 09:04時点)