DIRTY MARY, CRAZY LARRY
原題:DIRTY MARY, CRAZY LARRY
日本公開:1974年10月05日
製作国:アメリカ
言語:英語
上映時間:94分
配給:20世紀フォックス
スタッフ
監督:ジョン・ハフ
脚本:リー・チャップマン
   アントニオ・サンティーン
原作:リチャード・アネーキス著『チェイス』より
製作:ノーマン・T・ハーマン
製作総指揮:スーザン・ハート
撮影:マイク・マーガリーズ
衣裳:フィリス・ガー
編集:クリストファー・ホームズ
特殊効果:グレッグ・オーア
メイクアップ:ウェス・ドーン
ヘア・スタイル:シャーリン・ジョンソン
音楽:ジミー・ハスケル
   ボビー・ハート
キャスト
ラリー:ピーター・フォンダ
メリー・クームス:スーザン・ジョージ
ディーク・ソマーズ:アダム・ロアーク
エヴェレット・フランクリン:ヴィク・モロー
ハンクス:ユージン・ダニエルズ
ジョージ・スタントン:ロディ・マクドウォール
イヴリン・スタントン:リン・ボーデン
カール・ドナヒュー:ケネス・トビー
シンディ:エイドリアン・ハーマン
ミリー:ジャニア・ハインズ
ストーリー
 現代。
 ラリー・レイダー(ピーター・フォンダ)は、ストックカー・レーサーである。彼は、ストックカー・レーサーにふさわしく非情で、目的のためには手段を選ばぬ向う見ずな男である。
 ラリーは、目下ストックカー・レース用の車を手に入れようとしているが、資金がない。そこで彼は、相棒の機械エディーク・ソアーズ(アダム・ローク)と共謀して、ある町のスーパーマーケットの金庫の金を強奪する計画を立てた。
 ディークがスーパーマーケットの支配人スタントン(ロディ・マクドウォール)の自宅に押し入り、スタントン夫人(リン・ボーデン)と5歳になる娘シンディを人質にし、ラリーが、スタントンに電話をかけて脅し、金庫の金15万ドルを奪い取った。
 計画通りに首尾よく目的を達したラリーがスーパーマーケットから出てくると、前夜一緒に寝たメリー(スーザン・ジョージ)という娘が彼の車の中で待っていた。彼は、メリーが眠っている間にこっそり彼女の家から出たのであった。
 メリーは、仮釈放中のズベ公である。彼女はラリーが大仕事をやってのけたことをカンで知り、彼にくっついていれば損はしないと思ったのか、そのまま彼はついて来た。ラリーは、彼女が足手まといになり、面倒だとは思ったが、むげに突っ放すことができなかった。
 ディークとメリーを乗せてラリーの68年型ブルー・シボレーは、国道を突っ走った。車には発信受信兼用の無線機が具えつけられている。やがてスーパーマーケットの支配人スタントンの知らせにより、保安警察が活動を始めた。警察側の無電によるスーパーマーケットの強奪事件の発表、パトカーへの指令内容が逐一ラリーの受信機がキャッチする。まるで筒抜けなのだ。ラリーはセセラ笑う。
 保安警察では、フランクリン部長(ビック・モロー)が犯人捜査の責任者となり、腕に自信をもつ彼は上役ドナヒュー保安官の意見を容れない。二人は竹馬の友だが、口喧嘩ばかりしている。
 一方、警察側の裏をかき、国道をひた走る車の中でラリーはメリーと口論し始めた。メリーが警察に密告してやるとラリーを脅すと、ラリーはハンドルから片手を放してメリーの膝を強く押す。カッとなったメリーはヘアピンをラリーの手に刺した。虚をつかれたラリーは運転をあやまり、車は大きく道から外れて有刺鉄線を張った垣根を突破して動かなくなってしまった。ディークが故障を調べると、車軸に鉄線がまきついたのが原因だった。
 ラリーと喧嘩したメリーは、さっさと車から降りて立ち去った。ラリーは厄介ばらいができたと喜んだが、ディークはメリーの手を借りなければ車の故障は直らぬと言ったのでやむなく、ラリーはメリーのあとを追い、彼女をなだめて連れ戻した。
 車の故障が直り、ラリー達は再び出発した。ディークが車の故障を直したとき手に負傷したので、ある店の前に車を停め、メリーに薬を買わせた。メリーをまく絶好のチャンスと思ったラリーは、メリーを置いてけぼりにしたが、あとでメリーが大事な地図を盗んでいたのを知り、Uターンして店に引き返すと、それを予知していたメリーは店の前で待っていた。
 ラリーの車が再び出発すると、やがてパトカーに発見された。ラリーは車のスピードを90から150マイルにあげ、遮二無二飛ばしたが、相手は食い下がってきた。ラリーはストックカー・レーサーの腕をふるって相手の車に自分の車をぶつけ見事に振り切った。
 ラリーが無線機を具え、逐一警察側の動静を知り、警察側を翻弄し、しかも仮釈放中のメリーが同乗していることを知ったフランクリン部長は、ついにヘリコプターに乗って空から陣頭指揮にあたり、自らも捜査に参加した。
 ラリーは、やがてある村の露天市に車を乗り入れた。そこへ一台のパトカーがラリーたちを乗せたブルー・シボレーを探しにきたので彼らは、そこで見つけた黄色い68年型チャージャーに乗り換え、露天市から脱走した。逃げ出すとき、パトカーに車をぶつけてパトカーを壊し、国道に逃げると、またもや別のパトカーに追われることになったが、巧妙な運転でパトカーに肩すかしを食わせこれにも損傷を与え、追跡を諦めさせた。
 フランクリン部長を乗せたヘリはついにラリーの車を発見し、徐々に高度を下げて追跡した。ラリーは無電の送信機を通じて、やがて行手に横たわるクルミ林に入れば空からは容易に発見されないし、無数の出口があるから、どこからでも脱走できると言って警察側を翻弄した。ヘリはぐんぐん高度を下げ、ついにラリーの車に接触し、停車を命じたが、この時ヘリの燃料が切れ不時着しなければならなかった。
 ラリーの車は、40平方マイルもあるクルミ林に入っていったが、ここでも待機していた一台のパトカーに見つかり、追跡されたが、これもさんざん翻弄したあげく、まんまと林から逃げ出した。
 かくしてフランクリン部長の陣頭指揮も空しく、警察側はラリー一味にまかれてしまった。
 一方、ラリーはしてやったりとばかりに得意満面であったがそれも束の間で思いもかけぬ惨劇が彼の行方に待ち構えていたのであった…。

ダーティ・メリー クレイジー・ラリー [DVD]