SEUL CONTRE TOUS
原題:SEUL CONTRE TOUS
本国公開日:1999年02月07日
日本公開日:2000年09月30日
製作国:フランス
言語:フランス語
上映時間:93分(オリジナル)
年齢制限:R15

【スタッフ】
監督ギャスパー・ノエ
製作ギャスパー・ノエ
   ルシール・アザリロヴィック
脚本ギャスパー・ノエ
撮影ギャスパー・ノエ
編集ギャスパー・ノエ
   ルシール・アザリロヴィック
映像:ドミニク・コラン
録音:オリヴィエ・ル・ヴァコン
特殊効果:ジャン・クリストフ・スパダッチーニ
     ジュリアン・ポンシェ・ド・ラ・グラーヴ
音編集:ヴァレリー・デルーフ
効果音:ニコラ・ベッケル
音響効果:ジャン=ノエル・イヴァン
調整:オリヴィエ・ド・フー
ドルビー音響顧問:フランシス・ペレアール
共同製作:アニエスb.=ラブ・ストリームス・プロダクション

【キャスト】
馬の肉を売る男:フィリップ・ナオン
娘:ブランディーヌ・ルノワール
愛人:フランキー・パン
叔母:マルティーヌ・オドラン

モラルを語る男:ザヴァン
不動産屋:ジャン=フランソワ・ロジェ
スーパーの支配人:ギヨーム・ニクルー
司会者の声:オリヴィエ・ドラン
シュクルン医師:アイサ・ジャブリ
精神病院の院長:セルジュ・フォレ
精神病院の看護人:フレデリック・プフォール
精神病院の看護婦:ステファニー・セック
瀕死の女性:アルレット・バルキス
トラック運転手:ジル・ベルタリオンJr.
ホテルの守衛:ラド
カフェの店長:ニコラ・ジュエ
カフェの客:アーメッド・ブナシル
旧友:ロラン・ゲリドン
友人2:エルヴェ・ゲリドン
アンテリムの娘:ソフィ・ニコル
ジャンキーの女:ポール・アベカシス
ロランの妻:マリ=マドレーヌ・ドヌシェオ
友人4:ロベール・ロワ
肉屋1:ジョエル・ルキュレ
肉屋2:ドニ・ファルグー
精肉所の主任:マルク・フォレ
バーの主人:ジェラール・オルテガ
バーの主人の娘:ステファーヌ・デルデリアン
バーの主人の友人:アラン・ピエール
看護婦:シルヴィ・レイモン

【使用楽曲】
<Canon>ヨハン・パッハルベル
<Honour><Flag Ship><Schuss>ティエリー・デュルペ
<Justine70><Close Up>ブリュノ・アレクシウ
<Chase>フィル・デイヴィス
<Mazouk Siderale>P.パウロ
<Klavier>ジャン=マルク・ヴィラ=ローザ
<Paulo>ザオ
<Beat in Concert>L.アフゼリウス
<Marimba Do>ギ・ファンファン

【受賞歴】
1998年カンヌ国際映画祭 批評家週間賞、青少年選外優良賞
1998年フランス批評家大賞 特別賞 LE”PRIX TRES SPECIAL”
1998年サラエボ映画祭 フィプレスキ最優秀映画賞
1998年ナミュール映画祭 男優賞(フィリップ・ナオン)
1998年アヴィニョン・フランス=アメリカ映画祭 審査員特別賞
1998年シッチェス映画祭 最優秀脚本賞
1998年ストックホルム映画祭 最優秀映画賞、最優秀撮影賞(ドミニク・コリン)

【ストーリー】
北の町リール。フランス。
馬の肉を売る男は行進していた。
ふたたびパリに向かって。
馬に恋した少女を追って。
行き着く果ては?
「未来ホテル」と名のつく安宿。
15年前、失踪した母親が少女を身ごもった場所だ。
あの冷たい部屋で、何を…。
堕ちるところまで堕ちて。
この長いトンネルの出口にはきっと光が指している。

カノン [DVD]

新品価格
¥12,800から
(2016/8/12 06:17時点)