6ixtynin9
原題:6ixtynin9
本国公開:1999年
日本公開:2000年12月23日
製作国:タイ
言語:タイ語
上映時間:115分
スタッフ
監督:ペンエーグ・ラッタナルアーン
脚本:ペンエーグ・ラッタナルアーン
製作:ペンエーグ・ラッタナルアーン
製作総指揮:チャルーン・イァムプンポーン
撮影:チャンギット・チャムニウィカイポン
美術:サックスィリ・チャンタランスィー
編集:パッタマナッダー・ユゴーン
音響:アモーンポン・メータークンナウット
衣装:ソムバット・ティーラサロート
キャスト
トゥム:ラリター・パンヨーパート
親友ジム:タッサナーワライ・オンアーティットティシャイ
カンシット(ムエタイ道場主):ブラック・ポムトーン
大家:スィータオ
課長:アルン・ワンナードボディーウォン
ペン(下の部屋の女性):スィリスィン・スィリポーンサマーティクン
ウィロート(カンシットの手下):リキット・トーンナーク
受賞歴
2000年ベルリン映画祭 ドン・キホーテ審査員特別賞 受賞
2000年香港国際映画祭 国際批評家連盟賞 受賞
2000年ブルックリン映画祭 最優秀長編作品賞 受賞
1999年バンコク国際映画祭 最優秀脚本賞 受賞
2000年タイ映画祭 最優秀主演女優賞、最優秀助演女優賞、最優秀脚本賞 受賞
2000年タイ・アカデミー 主演女優賞、助演女優賞、脚本賞 受賞
タイ映画批評家連盟 最優秀脚本賞、最優秀監督賞、最優秀撮影賞、最優秀女優賞、最優秀助演男優賞、最優秀助演女優賞 受賞
タイ映画協会 最優秀脚本賞 受賞
ストーリー
 信販会社で秘書をしていたトゥム(ラリター・パンヨーパート)は、ある日突然、くじ引きによってリストラされた。
 とたんに生活にも困り、いっそ死ねればと自殺まで考え、悪夢にうなされるトゥム。そして目覚めた翌朝のこと、アパートのドアの前に”ママ社”のインスタントラーメンの段ボール箱が置かれていた。不思議に思いながらも部屋に運び入れると、中には札束がぎっしり。数えてみると100万バーツもある。実は、それは現役ムエタイ(タイ・ボクシング)選手のヤクザが運び屋になって9号室に届けるはずの、いわくつきの金だった。トゥムの部屋は6号室だが、ドアについている「6」の釘の片方が取れ、いつも「9」にひっくり返ってしまうのだった。
 大金を前にしたトゥムはそんなことなど思いも寄らず、興奮を抑えて、親友のジム(タッサナーワライ・オンアーティットティシャイ)に「もし100万バーツを見つけたら、どうする?」と電話。すると彼女からは「ヤバそうだから触らないでおくわ」と賢明な答えが返ってくる。果たしてその直後、ドアが荒々しくノックされる。部屋を間違えたことに気づいたムエタイ選手のヤクザ2人が、箱を取り戻しに来たのだ。恐怖をこらえ、知らないふりをするトゥム。だが、そんなことで引き下がる彼らではなく、強引に部屋に押し入ってくる。トゥムは必死で抵抗。気がつくと2人を殺してしまっていた。
 一度は警察に自首することも考えたトゥムだが、思い直して憧れのダイアナ妃の国、イギリスへ高飛びする決心をする。それには死体を始末し、偽造パスポート手に入れなければならない。ところが、偽造パスポートを注文した相手は、ムエタイ道場の看板を掲げながら、八百長はもとよりあらゆる裏稼業に手を染めているカンシット(ブラック・ポムトーン)。彼こそ、100万バーツの元々の持ち主だった。
 9号室の取引相手から100万バーツが届いていないというクレームが入り、手下2人が女の部屋で殺されていたことを知ったカンシットは、その部屋の女がトゥムであることが判明すると彼女の素性を調べ始める。
 トゥムの部屋には、いろんな人物が次から次と押しかける。カンシットの手下が家捜しして帰ったあとには、9号室の男の手下が忍び込む。そこへ、隣室の麻薬常習犯を追っていた若い警官が乗り込んできて鉢合わせ。撃ち合いとなり、トゥムは新たに2つの死体を抱え込む羽目になる。おまけに、下の部屋の女性ペン(スィリスィン・スィリポーンサマーティクン)がナンプラーを借りに来たり。トゥムは彼女から、絶対に死体が上がらないという”バングサイの池”の話を聞く。
 しかし、金の力で今夜の飛行機の切符を手に入れ、いよいよジムのトラックを借りて死体を捨てに行こうとした矢先、ジムが失恋のショックで自殺を図ったから大変。飛行機の出発時間は刻々と迫る。焦りながらもトゥムはジムを病院に連れていき、治療を受けさせる。だが、それだけでは済まなかった……。
 一方、カンシットは9号室の男と対決するべくトゥムのアパートへ。事態は、いよいよ予測不能のクライマックスへと突入する……。

シックスティナイン [DVD]

中古価格
¥1,197から
(2016/8/15 12:06時点)