HENRY POOLE IS HERE
原題:HENRY POOLE IS HERE
米国公開:2008年08月15日
日本公開:劇場未公開
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語
画面:シネスコ(2.40:1)
音響:ドルビーデジタル
上映時間:99分
発売:ソニー・ピクチャーズ

【スタッフ】
監督:マーク・ペリントン
脚本:アルバート・トーレス
製作:ゲイリー・ギルバート
   トム・ラサリー
   トム・ローゼンバーグ
   ゲイリー・ルチェッシ
   リチャード・ライト
製作総指揮:ノーマン・リース
      エリック・リード
      マイケル・アグィラー
      マーク・ペリントン
撮影:エリック・シュミット
美術:リチャード・フーヴァー
衣装:ウェンディ・チャック
編集:リサ・ゼノ・チャージン
音楽:ジョン・フリッゼル

【キャスト】
ヘンリー・プール:ルーク・ウィルソン
ドーン:ラダ・ミッチェル
エスペランザ:アドリアナ・バラッザ
サラザール神父:ジョージ・ロペス
ミリー:モーガン・リリー
メグ:シェリル・ハインズ
ファンチャー医師:リチャード・ベンジャミン

【ストーリー】
人生に幻滅し、生きる気力を失ったヘンリーは、幼少時代に過ごした住宅街へ引っ越して来るが、隣人がヘンリーの家の壁のシミに神様が浮き出ていると言い出したことから、ヘンテコな人々が続々と押し寄せてきて…。堅物男のヘンリーも”奇跡”と幸せを手に入れることができるのか!?