THE GREEN FISH
原題:초록 물고기
英題:THE GREEN FISH
韓国公開:1997年02月07日
日本公開:2000年11月04日
製作国:韓国
言語:韓国語
画面:ビスタ・サイズ
音響:ステレオ(ドルビーSR)
上映時間:111分
配給:クロックワークス

【スタッフ】
監督:イ・チャンドン
脚本:イ・チャンドン
製作:コ・キュンドン
撮影:ユ・ヨンギル
編集:キム・ヒョン
音楽:イ・ドンジュン

【キャスト】
マクトン:ハン・ソッキュ
ミエ:シム・ヘジン
ペ・テゴン:ムン・ソングン

【ストーリー】
 兵役を終えて汽車で故郷へ向かっていたマクトンは、赤いスカーフを巻いたひとりの女性に出会う。チンピラに絡まれていたその女性ミエを助けたものの、喧嘩になり、汽車から取り残されて、女性と声を交わすことなく別れてしまう。マクトンの手元には赤いスカーフだけが残るだけだった。家に戻ったマクトンが目にするのは、かつては同じ屋根の下で暮らした兄弟たちも家を出て行き、各々が生活のため忙しく立ち働く姿だった。自宅の庭にある大きな柳の木の下で、貧しくても家族共に暮らした懐かしい思い出がマクトンの胸をよぎる。
 そんな折り、ミエから電話が入った。クラブでステージに立つミエは、勢力を拡大してきた新興組織のボスペ・テゴンの情婦でもあった。ミエの口利きと持ち前の負けず嫌いの気質で、組織の一員となったマクトンは、テゴンにも気に入られ組織の中でも頭角を現すようになる。ミエへのほのかな恋慕を抱きながらも、マクトンはテゴンを尊敬し、忠誠を誓っていた。その頃、対立する組織のボス、キム・ヤンギルが刑期を終えて出所し、テゴン一派にあらゆる手段で執拗に圧力をかけてくるようになる。そしてマクトンは、組織のため、テゴンのために重大な決意をするのだった…。