1985年(第01回):『アフター・アワーズ』
1986年(第02回):『プラトーン』
1987年(第03回):『リバース・エッジ』
1988年(第04回):『落ちこぼれの天使たち』
1989年(第05回):『セックスと嘘とビデオテープ』
1990年(第06回):『グリフターズ/詐欺師たち』
1991年(第07回):『ランブリング・ローズ』
1992年(第08回):『ザ・プレイヤー』
1993年(第09回):『ショート・カッツ』
1994年(第10回):『パルプ・フィクション
1995年(第11回):『リービング・ラスベガス』
1996年(第12回):『ファーゴ』
1997年(第13回):『The Apostle』
1998年(第14回):『ゴッド・アンド・モンスター
1999年(第15回):『ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!』
2000年(第16回):『グリーン・デスティニー』
2001年(第17回):『メメント』
2002年(第18回):『エデンより彼方に』
2003年(第19回):『ロスト・イン・トランスレーション』
2004年(第20回):『サイドウェイ』
2005年(第21回):『ブロークバック・マウンテン』
2006年(第22回):『リトル・ミス・サンシャイン』
2007年(第23回):『JUNO/ジュノ
2008年(第24回):『レスラー
2009年(第25回):『プレシャス
2010年(第26回):『ブラック・スワン』
2011年(第27回):『アーティスト』
2012年(第28回):『世界にひとつのプレイブック』
2013年(第29回):『それでも夜は明ける』
2014年(第30回):『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
2015年(第31回):『スポットライト 世紀のスクープ』
2016年(第32回):『ムーンライト』
2017年(第33回):『ゲット・アウト』
2018年(第34回):『ビール・ストリートの恋人たち』
2019年(第35回):『フェアウェル』