Sarah Polley
:Sarah Polley
本名:Sarah E. Polley
生年月日:1979年01月08日
出生地:オンタリオ州トロント
国籍:カナダ
身長:157 cm
配偶者:デヴィッド・ワーンズビー(2003-2008)
    デイビット・サンドミエルスキ(2011-)

【略歴】
1979年1月8日、カナダのオンタリオ州トロント生まれ。父は俳優、母は俳優兼キャスティング・ディレクター。4歳の時から子役をしていて、'97年の『スウィート ヒアアフター』で大人の女優に脱皮した。インディーズ映画出演が多いが、珍しく『ドーン・オブ・ザ・デッド』('04)に出たのはオリジナル版『ゾンビ』のファンだったから。政治活動にも熱心で、人気番組『アボンリーへの道』('90~)を社会運動参加のために'96年に降板、同じ理由で高校も中退している。

【出演作品[映画]】()役名
1986:クリスマスに届いた愛(モリー・モナハン)
1987:ビッグタウン(クリスティ)
1989:バロン(サリー)
1990:丘の家のジェーン(ジョディ)
1994:エキゾチカ(トレイシー・ブラウン)
1997:スウィート ヒアアフター(ニコル)
   ハンギング・ガーデン(ローズマリー)
1999:写真家の女たち(ハーパー・スローン)
   イグジステンズ(メルル)
   go(ロンナ)
2000:悪魔の呼ぶ海へ(マレン)
   めぐり逢う大地(ホープ・バーン)
2003:Re:プレイ(クレア)
   死ぬまでにしたい10のこと(アン)
   LUCK ラック(マーガレット)
2004:ドーン・オブ・ザ・デッド(アナ)
   シュガー(妊娠しているドラッグの売人)
2005:アメリカ、家族のいる風景(スカイ)
   あなたになら言える秘密のこと(ハンナ)
   ベオウルフ(セルマ)
2006:スリングズ・アンド・アロウズ[テレビシリーズ](ソフィ)
   アウェイ・フロム・ハー 君を想う(出演なし)監督・脚本
2009:ミスター・ノーバディ(エリーズ)
   スプライス(エルサ)
2010:Trigger(ヒラリー)
2011:テイク・ディス・ワルツ(出演なし)監督・脚本・製作
2012:物語る私たち(出演なし)監督

【受賞歴】
---