Emily Watson
:Emily Watson
本名:Emily Anita Watson
生年月日:1967年01月14日
出生地:ロンドン・イズリントン
国籍:イギリス
身長:173 cm
配偶者:ジャック・ウォーターズ(1995-)

【略歴】
1967年1月14日、イギリスのロンドン・イズリントン生まれ。父は大学教授。ブリストル大学で英文学を専攻、ドラマ・スクールにも学んだ。卒業後はウェイトレスなどをした後にロイヤル・シェークスピア・カンパニーに入団、数多くの舞台に立つ。映画は『奇跡の海』('96)がデビューで、第1作にして世界中の映画賞に輝き、オスカー候補にもなって、彼女は一躍注目の女性になった。その後は映画でも順調に活動を続けている。劇団仲間の俳優ジャック・ウォーターズと'95年に結婚。娘が1人いる。

【出演作品[映画]】()役名
1996:奇跡の海(ベス・マクニール)
1997:ボクサー(マギー)
1998:ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ(ジャクリーヌ・デュ・プレ)
1999:クレイドル・ウィル・ロック(オリーヴ・スタントン)
   アンジェラの灰(アンジェラ・マコート)
2000:愛のエチュード(ナタリー)
2001:ゴスフォード・パーク(エルシー)
2002:パンチドランク・ラブ(リナ・レナード)
   レッド・ドラゴン(リーバ・マクレーン)
   リベリオン(メアリー・オブライエン)
2004:ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方(アン・セラーズ)
2005:孤独な嘘(アンネ・マニング)
   ティム・バートンのコープスブライド(ヴィクトリア)声優
   プロポジション -血の誓約-(マーサ・スタンリー)
2006:ミス・ポター(ミリー・ウォーン)
   タイムクルセイド ドルフと聖地騎士団(メアリー・ヴェガ)
2007:ウォーター・ホース(アン・マクマロウ)
2008:脳内ニューヨーク(タミー)
   メモリー・キーパーの娘[テレビ映画](キャロライン)
   しあわせの帰る場所(ジェーン・ローレンス)
2011:戦火の馬(ローズ・ナラコット)
2012:オレンジと太陽(マーガレット・ハンフリーズ)
2013:やさしい本泥棒(ローザ・フーバーマン)
   ベル ある伯爵令嬢の恋(マンスフィールド夫人)
2014:博士と彼女のセオリー(ベリル・ワイルド)
2015:エベレスト 3D(ヘレン・ウィルトン)
   ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出(エリザベス王妃)
2017:キングスマン: ゴールデン・サークル(フォックス大統領補佐官)
2019:チェルノブイリ[テレビ](ウラナ・ホミュック)
2020:サード・デイ 〜祝祭の孤島〜[テレビ](ミセス・マーティン)

【受賞歴】
ヨーロッパ映画賞:女優賞『奇跡の海』
全米映画批評家協会賞:女優賞『奇跡の海』
ニューヨーク映画批評家協会賞:女優賞『奇跡の海』