1968年(第22回):スペンサー・トレイシー『招かれざる客』
1969年(第23回):ダスティン・ホフマン『ジョンとメリー』『真夜中のカーボーイ』
1970年(第24回):ロバート・レッドフォード『夕陽に向って走れ』『明日に向って撃て!』『白銀のレーサー』
1971年(第25回):ピーター・フィンチ『日曜日は別れの時』
1972年(第26回):ジーン・ハックマン『ポセイドン・アドベンチャー』『フレンチ・コネクション』
1973年(第27回):ウォルター・マッソー『突破口!』『おかしな結婚』
1974年(第28回):ジャック・ニコルソン『チャイナタウン』『さらば冬のかもめ』
1975年(第29回):アル・パチーノ『狼たちの午後』『ゴッドファーザーPARTII』
1976年(第30回):ジャック・ニコルソン『カッコーの巣の上で』
1977年(第31回):ピーター・フィンチ『ネットワーク』
1978年(第32回):リチャード・ドレイファス『グッバイガール』
1979年(第33回):ジャック・レモン『チャイナ・シンドローム』
1980年(第34回):ジョン・ハート『エレファントマン』
1981年(第35回):バート・ランカスター『アトランティック・シティ』
1982年(第36回):ベン・キングズレー『ガンジー』
1983年(第37回):マイケル・ケイン『リタと大学教授』
          ダスティン・ホフマン『トッツィー』
1984年(第38回):ハイン・S・ニョール『キリング・フィールド』
1985年(第39回):ウィリアム・ハート『蜘蛛女のキス』
1986年(第40回):ボブ・ホスキンス『モナリザ』
1987年(第41回):ショーン・コネリー『薔薇の名前』
1988年(第42回):ジョン・クリーズ『ワンダとダイヤと優しい奴ら』
1989年(第43回):ダニエル・デイ=ルイス『マイ・レフトフット』
1990年(第44回):フィリップ・ノワレ『ニュー・シネマ・パラダイス』
1991年(第45回):アンソニー・ホプキンス『羊たちの沈黙
1992年(第46回):ロバート・ダウニー・Jr『チャーリー』
1993年(第47回):アンソニー・ホプキンス『日の名残り』
1994年(第48回):ヒュー・グラント『フォー・ウェディング』
1995年(第49回):ナイジェル・ホーソーン『英国万歳!』
1996年(第50回):ジェフリー・ラッシュ『シャイン』
1997年(第51回):ロバート・カーライル『フル・モンティ』
1998年(第52回):ロベルト・ベニーニ『ライフ・イズ・ビューティフル
1999年(第53回):ケヴィン・スペイシーアメリカン・ビューティー
2000年(第54回):ジェイミー・ベル『リトル・ダンサー』
2001年(第55回):ラッセル・クロウ『ビューティフル・マインド』
2002年(第56回):ダニエル・デイ=ルイス『ギャング・オブ・ニューヨーク』
2003年(第57回):ビル・マーレイ『ロスト・イン・トランスレーション』
2004年(第58回):ジェイミー・フォックス『Ray/レイ』
2005年(第59回):フィリップ・シーモア・ホフマンカポーティ
2006年(第60回):フォレスト・ウィテカー『ラスト・キング・オブ・スコットランド』
2007年(第61回):ダニエル・デイ=ルイス『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
2008年(第62回):ミッキー・ローク『レスラー
2009年(第63回):コリン・ファース『シングルマン』
2010年(第64回):コリン・ファース『英国王のスピーチ』
2011年(第65回):ジャン・デュジャルダン『アーティスト』
2012年(第66回):ダニエル・デイ=ルイス『リンカーン』
2013年(第67回):キウェテル・イジョフォー『それでも夜は明ける』
2014年(第68回):エディ・レッドメイン『博士と彼女のセオリー』
2015年(第69回):レオナルド・ディカプリオ『レヴェナント:蘇えりし者』
2016年(第70回):ケイシー・アフレック『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
2017年(第71回):ゲイリー・オールドマン『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』
2018年(第72回):ラミ・マレック『ボヘミアン・ラプソディ』
2019年(第73回):ホアキン・フェニックス『ジョーカー』
2020年(第74回):アンソニー・ホプキンス『ファーザー』