1965年(第01回):該当作なし。
1966年(第02回):シン・ヨンギュン『市場』
1967年(第03回):キム・ジンギュ『太陽はまた昇る』
1968年(第04回):チャン・ミノ『三姉妹』
          チェ・ナミョン『サリゴルの神話』
1969年(第05回):シン・ヨンギュン『大院君』
1970年(第06回):ファン・ヘ『甕をつくる老人』
1971年(第07回):チェ・ムリョン『部屋の明かりを消して』
1972年(第08回):ホ・ジャンガン『糞禮記』
1973年(第09回):ナムグン・ウォン『虫女』
1974年(第10回):ハ・ミョンジュン『私と私』
1975年(第11回):キム・ジンギュ『狂える画家』
          ペク・イルソプ『狂える画家』
1976年(第12回):キム・ヒラ『最後の抱擁』
1977年(第13回):イ・スンジェ『執念』
1978年(第14回):シン・ソンイル『冬の女』
1979年(第15回):パク・クニョン『亡命の沼』
1980年(第16回):イ・デグン『シムブァッタ』
1981年(第17回):シン・ヨンイル『毎日死ぬ男』
1982年(第18回):アン・ソンギ『曼荼羅』
1983年(第19回):アン・ソンギ『霧の村』
1984年(第20回):アン・ソンギ『赤道の花』
1985年(第21回):アン・ソンギ『ディープ・ブルー・ナイト』
1986年(第22回):イ・ヨンハ『火女村』
1987年(第23回):シン・ソンイル『レーテの恋歌』
1988年(第24回):イ・ドックァ『立葵のあなた』
1989年(第25回):アン・ソンギ『成功時代』
1990年(第26回):パク・チュンフン『ウムクペミの愛』
1991年(第27回):アン・ソンギ『誰が竜の爪を見たのか』
1992年(第28回):ユ・インチョン『キムの戦争』
1993年(第29回):イ・ギョンヨン『ホワイト・バッジ』
1994年(第30回):アン・ソンギ『ツー・コップス』
1995年(第31回):キム・ガプス『太白山脈』
1996年(第32回):イ・ギョンヨン『ラン・アウェイ -RUN AWAY-』
1997年(第33回):ハン・ソッキュグリーンフィッシュ
1998年(第34回):パク・チュンフン『ハレルヤ』
1999年(第35回):チェ・ミンシク『シュリ』
2000年(第36回):パク・チュンフン『NOWHERE〜ノーウェアー〜』
2001年(第37回):チェ・ミンス『リベラ・メ』
2002年(第38回):チョ・ジェヒョン『悪い男』
2003年(第39回):チャ・スンウォン『ジェイル・ブレーカー』
2004年(第40回):チェ・ミンシクオールド・ボーイ
2005年(第41回):チョ・スンウ『マラソン』
2006年(第42回):イ・ビョンホン『甘い人生』
2007年(第43回):リュ・スンボム『死生決断』
2008年(第44回):イム・チャンジョン『スカウト』
2009年(第45回):チュ・ジンモ『霜花店 運命、その愛』
2010年(第46回):ハ・ジョンウ『国家代表!?』
2011年(第47回):ハ・ジョンウ『哀しき獣』
2012年(第48回):アン・ソンギ『折れた矢』
2013年(第49回):ハ・ジョンウ『ベルリンファイル』
2014年(第50回):ソル・ギョング『ソウォン/願い』
2015年(第51回):イ・ソンギュン『最後まで行く
          チョ・ジヌン『最後まで行く
2016年(第52回):イ・ビョンホン『インサイダーズ/内部者たち』
2017年(第53回):ソン・ガンホ『密偵』
2018年(第54回):キム・ユンソク『1987、ある闘いの真実』
2019年(第55回):イ・ソンミン『工作 黒金星と呼ばれた男』
2020年(第56回):イ・ビョンホン『KCIA 南山の部長たち』
2021年(第57回):ユ・アイン『音もなく』