TULLY
原題:TULLY
米国公開:2018年05月04日
日本公開:2018年08月17日
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語
画面:ヴィスタサイズ
音響:ドルビーデジタル
上映時間:95分
映倫:G
配給:キノフィルムズ

【スタッフ】
監督ジェイソン・ライトマン
脚本ディアブロ・コーディ
製作:メイソン・ノヴィック
   ディアブロ・コーディ
   シャーリーズ・セロン
   ベス・コノ
   A・J・ディックス
   ヘレン・エスタブルック
   ジェイソン・ライトマン
   アーロン・L・ギルバート
製作総指揮:ジェイソン・クロース
      アンディ・ポラック
      ポール・テニソン
      デイル・ウェルズ
      スタン・トーマス
      ロン・マクレオド
      ジェイソン・ブラメンフェルド
撮影:エリック・スティールバーグ
美術:アナスタシア・マサロ
編集:ステファン・グルーベ
衣装デザイン:アリーシャ・リー
音楽ロブ・シモンセン
音楽監修:トリシア・ハロラン

【キャスト】
マーロ:シャーリーズ・セロン
タリー:マッケンジー・デイヴィス
クレイグ:マーク・デュプラス
ドリュー:ロン・リビングストン
ジョナ:アッシャー・マイルズ・フォーリカ
サラ:リア・フランクランド

【ストーリー】
かつて夢見た〈未来〉とは違う〈今〉にため息をつく大人たちに、目の覚めるサプライズを贈る、ミステリアスな人生のリフレッシュ・ムービー。
 もうすぐ3人目の子供が生まれるマーロ(シャーリーズ・セロン)は、大忙しの毎日を送っている。娘のサラ(リア・フランクランド)は手がかからないが、息子のジョナ(アッシャー・マイルズ・フォーリカ)は情緒が不安定だ。今日も姉弟が違う小学校の校長に呼び出され、ジョナをサポートする専属教師を自分で雇ってほしいと言われてしまう。夫のドリュー(ロン・リビングストン)は優しいが、家事も育児も妻に任せっきりで、マーロもそれが当たり前だと思っていた。
 ある日、事業で成功して贅沢な暮らしを送るマーロの兄のクレイグ(マーク・デュプラス)が、出産祝いに夜専門のベビーシッターを手配してくれるという。見知らぬ人に赤ん坊を預けることに抵抗と罪悪感のあるマーロは断るが、クレイグは妹に強引にシッターの電話番号を渡すのだった。
 無事に女の子を出産してミアと名付けたその時から、マーロの”任務”はケタ違いに増え、黙々とマシンのように、授乳、オムツ換え、洗濯などをこなしていた。だが、再び校長に呼び出され、ジョナには違う学校へ行ってもらうと言われ、ついに感情が爆発し、校長を怒鳴りつけてしまう。
 帰宅したマーロは、もはや限界と夜間のベビーシッターを頼む。22時半に現れたタリー(マッケンジー・デイヴィス)と名乗る若い女性を見て、唖然とするマーロ。おへその見えるTシャツにジーンズのファッション、いきなりタメグチのイマドキの女の子だったのだ。だが、戸惑うマーロにタリーは、「私を頼って」と自信たっぷりに宣言し、2階でゆっくり眠るようにと促すのだった。
 翌朝、目覚めると、タリーの姿はすでになく、代わりに8年間全く掃除していなかった1階のリビングとキッチンが、ピカピカになっていた。マーロはドリューに、「とにかく彼女は何もかも完璧だった。なんだか、世界が明るくなった」と、久しぶりに晴れ晴れとした顔で微笑むのだった。
 それからというもの、タリーは”完璧”を更新し続ける。人を頼るのに慣れていないマーロをリラックスさせ、「人生の全部をケアしなきゃ」と、昔話や愚痴を聞いてくれ、悩みごとの相談にまで乗ってくれる。
 だが、昼間は何をしているかなど、タリーは自分のことは一切語らない。初めはそれが気になったマーロだが、ドリューの出張中にはお酒を飲みながら女子トークを重ね、いつしか二人は友情を結んでゆく。
 ある夜、珍しくタリーが取り乱していた。ルームメイトとケンカしたという彼女は、気晴らしに飲みに行こうとマーロを誘う。ドリューがいるから大丈夫だと説得されたマーロは、ミアを置いて若い頃に暮らしていたブルックリンへとタリーと繰り出すのだった。バーで飲んで踊った後、タリーは突然、思いがけない告白を始めるのだが――。