Steve Martin
:Steve Martin
本名:同上
生年月日:1945年08月14日
出生地:テキサス州ウェーコ
国籍:アメリカ合衆国
身長:183 cm
配偶者:ヴィクトリア・テナント(1986-1994)
    アン・ストリングフィールド(2007-)

【出演作品[映画]】()役名
1979:マペットの夢みるハリウッド(カフェのウェイター)
   天国から落ちた男(ネヴィン・R・ジョンソン)兼脚本
1981:ペニーズ・フロム・ヘブン(アーサー)
1982:スティーブ・マーティンの四つ数えろ(リグビー)
1983:2つの頭脳を持つ男(マイケル・ハフハール)兼脚本
1984:スティーブ・マーティンのロンリー・ガイ(ラリー)
   オール・オブ・ミー/突然半身が女に!(ロジャー・コブ)
1985:映画の作り方教えます()
1986:サボテン・ブラザース(ラッキー・デイ)兼脚本・製作総指揮
   リトルショップ・オブ・ホラーズ(オリン・スクリベロ)
1987:愛しのロクサーヌ(C・D)兼脚本・製作総指揮
   大災難P.T.A.(ニール・ペイジ)
1988:ペテン師とサギ師/だまされてリビエラ(フレディ・ベンソン)
1989:バックマン家の人々(ギル・バックマン)
1990:マイ・ブルー・ヘブン(ヴィニー・アントネリ)
1991:L.A.ストーリー/恋が降る街(ハリス・テレマッカー)兼脚本・製作総指揮
   花嫁のパパ(ジョージ・バンクス)
   わが街(デイヴィス)
1992:ハウスシッター/結婚願望(ニュートン・デイヴィス)
   奇跡を呼ぶ男(ジョナス・ナイチンゲール)
1993:運命の瞬間/そしてエイズは蔓延した[テレビ映画](ブラザー)
1994:パパとマチルダ(マイケル・マッキャン)兼脚本・製作総指揮
   ミックス・ナッツ/イブに逢えたら(フィリップ)
1995:花嫁のパパ2(ジョージ・バンクス)
1996:スティーブ・マーティンのSGT.ビルコ/史上最狂のギャンブル大作戦(アーネスト・G・ビルコ)
1997:スパニッシュ・プリズナー(ジミー・デル)
1998:プリンス・オブ・エジプト(ホテプ)声の出演
1999:アウト・オブ・タウナーズ(ヘンリー・クラーク)
   ビッグムービー(ロバート・K・ボーフィンガー)兼脚本
   ファンタジア2000(本人)
2001:ノボケイン/局部麻酔の罠(フランク・サングスター)
2003:女神が家にやってきた(ピーター・サンダーソン)
   ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクション(ミスター・ルーサー・チェアマン)
   12人のパパ(トム・ベーカー)
2005:Shopgirl/恋の商品価値(レイ・パーカー)兼脚本・原作・製作
   12人のパパ2(トム・ベーカー)
2006:ピンクパンサー(クルーゾー警部)兼脚本
2008:ベイビーママ(バリー)
2009:ピンクパンサー2(クルーゾー警部)兼脚本
   恋するベーカリー(アダム)
2011:ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して(ステュ・プライスラー)
2015:ホーム 宇宙人ブーヴのゆかいな大冒険(スメック船長)声の出演
   クーパー家の晩餐会(ラグス)声の出演
2016:ビリー・リンの永遠の一日(ノーム)

【受賞歴】
全米映画批評家協会賞:主演男優賞『オール・オブ・ミー/突然半身が女に!』
全米映画批評家協会賞:主演男優賞『愛しのロクサーヌ』
ニューヨーク映画批評家協会賞:主演男優賞『オール・オブ・ミー/突然半身が女に!』
ロサンゼルス映画批評家協会賞:主演男優賞『愛しのロクサーヌ』