SIMPLE SIMON
原題:I rymden finns inga känslor
英題:SIMPLE SIMON
製作年:2010年
日本公開:2014年05月03日
製作国:スウェーデン
言語:スウェーデン語
画面:ビスタサイズ
音響:ドルビーデジタル
上映時間:86分
配給:フリッカポイカ

【スタッフ】
監督:アンドレアス・エーマン
脚本:アンドレアス・エーマン
   ヨナタン・シェーベルイ
製作:アンドレアス・エーマン
   ヨナタン・シェーベルイ
   ポニー・スクーグ・フィーニー
製作総指揮:ピーター・ポッスン
撮影:ニクラス・ヨハンソン
音楽:ヨセフ・トゥールセ
美術:サンドラ・リンドグレン
衣装:カサンドラ・コルネリオ
メイク:リンダ・スコーグ
照明:ヨン・ストランド
編集:アンドレアス・エーマン
   ミカエル・ヨハンソン

【キャスト】
シモン:ビル・スカルスガルド
サム:マルティン・ヴァルストロム
イェニファー:セシリア・フォルス
フリーダ:ソフィ・ハミルトン
シモンのママ:ロッタ・テイレ
シモンのパパ:イングマール・ヴィルタ
ペーター:クリストッフェル・ベルイルンド
ビョルン:ジミ・エドルンド
ヨンナ:スサンネ・トールソン
シモンの職場の上司:マッツ・クヴィストレム
バスの運転手:ペール・アンデション
クララ:リンダ・スコーグ
リサ:ペトラ・ニィランデル
完璧な女の子:サンネ・ミカエルスドッテル
レンタルビデオ屋の女店員:シリ・ヨットン・ワグネル
サムの同僚:アンドレアス・ニルソン
警官:ヨナタン・シェーベルイ
ピエロ:アンドレアス・エーマン

【ストーリー】
「宇宙が好きだ。感情がない宇宙には誤解も混乱もないから。」

 18歳のシモンはアスペルガー症候群。他人の感情が理解できず、触られることを嫌い、自分だけのルールで生きている。気に入らないことがあると宇宙船に見立てたドラム缶にこもり、想像の宇宙へと飛び立ってしまう。そんなシモンを理解してくれるのは、兄のサムだけだった。
 ある日、恋人のフリーダと仲良く新居の壁を塗っていたサムに、困りはてた母親から電話がかかってくる。シモンがまたドラム缶にこもってしまったのだ。見かねたサムは、ドラム缶ごとシモンを新居に連れて帰り、「僕に君が必要なように、シモンには僕が必要なんだ」とフリーダを説得する。
 そうして始まった3人の生活だったが、自分のペースを秒単位で守ろうとするシモンのせいであっという間に破綻し、フリーダは出て行ってしまう。

「彼女が戻らないなら、科学的に完璧な相手を探さなきゃ。弟の僕なら分析できる。」

 失恋して落ち込むサムは、シモンのルールに付き合う余裕をなくしてしまう。生活のペースが乱れることに不安を抱いたシモンは、フリーダに戻ってきてくれるよう頼みに行くが、あっさり断られてしまう。いよいよ危機感を募らせた彼は、サムと同じ趣味を持つ「科学的に完璧なサムの恋人」さえいれば、元通りの生活が送れるにちがいないと思い立つ。シモン流にサムの好き嫌いを分析して集めた。13の質問リストを作り、道行く女性に片っ端から尋ね、写真を撮り、サムの恋人候補探しを始める。

「正反対の人間はお互いに惹かれ合う。方程式なんかいらない。自然に任せればいい。」

 そんなシモンにサムは「人はちがうから惹かれ合うんだ。磁石と同じさ」と語りかける。
 それを聞いてそれまでの間違いに気づき、サムにぴったりな恋人がどんなタイプなのか理解したシモンは、毎朝街角ですれちがうイェニファーを思い出す。彼女は、質問リストの回答でも好き嫌いがサムとまったく逆だったし、シモンがアスペルガーであることも気にしていないようだった。彼女とサムが恋に落ちれば、すべてがうまくいくにちがいないと思ったシモンは、午前8時55分、彼女と行き合ういつもの時間に待ち伏せをする…。

【受賞歴】
2011年アカデミー賞外国語映画賞スウェーデン代表作品
2011年パームスプリングス国際映画祭観客賞劇映画部門第2位
2011年SKIPシティDシネマ映画祭審査員特別賞受賞