LOST HIGHWAY
原題:LOST HIGHWAY
日本公開:1997年06月14日
製作国:アメリカ
言語:英語
画面:シネマスコープサイズ
音響:ドルビーS-R-D
上映時間:135分
配給:松竹富士
共同提供:松竹、パイオニアLDC

【スタッフ】
監督:デヴィッド・リンチ
脚本:デヴィッド・リンチ
   バリー・ギフォード
製作:ディーパック・ネイヤー
   トム・スタンバーグ
   メアリー・スウィーニー
撮影監督:ピーター・デミング
プロダクション・デザイナー:パトリシア・ノリス
編集:メアリー・スウィーニー
音楽:アンジェロ・バダラメンティ
キャスティング:ジョアンナ・レイ、C.S.A.
        エレイン・J.ハザー
シビー2000/アシメトリカル プロダクション

【キャスト】
フレッド・マディソン:ビル・プルマン
レネエ・マディソン:パトリシア・アークエット
アリス・ウェイクフィールド:パトリシア・アークエット
ピート・デイトン:バルサザール・ゲティ
ミステリーマン:ロバート・ブレイク
Mr.エディ:ロバート・ロッジァ
ビル・デイトン:ゲイリー・ビジー
アーニー:リチャード・プライヤー
キャンディス・デイトン:ルーシー・バトラー
シーラ:ナターシャ・グレッグソン・ワグナー
フィル:ジャック・ナンス
ポルノ・スター#1:マリリン・マンソン
ポルノ・スター#2:ツィギー・ラミレス
看守(ヘンリー):ヘンリー・ロリンズ

【ストーリー】
闇のなか、ハイウェイの路面のみを映し出して疾走しつづけるタイトル・シークエンスがそれだけで戦慄的である。
ハイウェイのセンター・ラインが怪しく燐光のように映画に踊る。
リアルでいて、アブストラクト。
われわれはすでに下車不能のリンチ・ヴィークルに乗り込んでしまった。
ラストに至っても、誰も降りることのできないシネマ・ヴィークルに―——。
闇のなかでタバコの火とともにひとりの男の顔が浮かび上がる。
ジャズ・サキソフォン奏者フレッド・マディソン(ビル・プルマン)だ。
疲労感に満ちた顔。
玄関のブザーが鳴り何者かの訪問だ。
フレッドに声は告げる。
「ディック・ロラントは死んだ」。
フレッドはその名前にまったく心あたりがない。
ディック・ロラントは誰だ?
外を伺っても誰もいない!(注・この時、小さく聞こえるパトカーのサイレン音に耳をそばだて、ずっと記憶し続けるように)。
ある日の朝、フレッドの妻、レネエ(パトリシア・アークエット)は新聞を取りに出て、階段に封筒を見つける。
何のメッセージもない。
その封筒のなかには、一本のビデオが入っていた。
こうして先の読めないドラマは幕を開ける―——。

ロスト・ハイウェイ デイヴィッド・リンチ リストア版 [Blu-ray]

新品価格
¥1,391から
(2016/8/15 07:51時点)